【酒類販売管理者研修】

【酒類販売管理者研修】

こんにちは。

会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金・補助金、相続・遺言・成年後見専門の新潟市西区の行政書士Asocia行政書士法務事務
所代表の播磨史雄です。

いつもブログを見て頂きありがとうございます。
また、多くの方に、FacebookにてAsocia行政書士法務事務所にいいねを頂き誠にありがとうございます。

さて、11月17日の事になりますが、
酒類販売管理者研修を受講してきました。

酒類販売免許の申請を業として行っているのですが、自分自身受講していなかったという事にだいぶ前に気づき、受講したいと思っていたのですが、最近の酒類販売管理者の講習はとても人気で、先日やっと受けることができました。

酒類販売管理者とは、選任された販売場において、酒類の適正な販売管理の確保を図るため、酒類の販売業務に関する法令を遵守した業務が行われるよう酒類小売業者に助言をしたり、酒類の販売業務に従事する従業員等に対して指導を行う者をいいます。

酒類小売業者は、酒類の販売場ごとに、酒類の販売業務に従事する者の中から酒類販売管理者を選任しなければなりません。

これらの義務を怠ると、罰金又は過料に処せられ、免許が取り消されることがあります。

また、酒類小売業者は、酒類販売管理者を選任したときは、酒類の適正な販売管理の実効性を確保するため、3か月以内に「酒類販売管理研修」を受講させるよう努めなければなりません。

現在酒類販売管理者研修の受講は、上記の様に努力義務ではありますが、法律の改正により、来年より研修の受講は義務化されます。

以前にもブログに書きましたが、
一般酒類販売免許を取得する際に、お酒の販売経験の無い方は受講しなければならない研修です。
新潟県では研修自体が気づいたころには満杯になっておることが多いです。

免許取得を早めにお考えの方は、早めの受講をお願い致します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 新潟の会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金、助成金・相続・遺言・成年後見のことなら
Asocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。
代表行政書士 播磨 史雄
住所:新潟市西区寺尾東3-1-6
℡:025-201-7514 mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:http://fumio-h-office.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:http://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:http://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/

コメントは受け付けていません。