NPO法人と一般社団法人③

こんにちは。

会社設立、起業支援・相続・遺言・成年後見専門の新潟市西区の行政書士
Asocia行政書士法務事務所 代表の播磨史雄です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

先日からNPO法人のお話をしてきましたが、今日は簡単にまとめてみたいと思います。

まずは、NPO法人からですが、NPO法人としてのメリットは

①社会的信用の増加②団体名による契約や登記が可能③組織を永続的に維持できる

④経費の認められる範囲が広い⑤官公署から事業委託・補助金を受けやすい

⑥金融機関からの融資も可能⑦税金面でも有利になる

ではデメリットは

①事務手続きが煩雑②設立時に最低10人以上の社員が必要

③解散しても残余財産は戻ってこない④設立に時間がかかる

などでしょうか。

では、一般社団法人としてのメリットは

①事業に制限がなく、短期間で事業ができる②手続きや運営が簡単

③株式会社に比べ費用負担が少ない④税法上のメリットがある

⑤法人名義で銀行口座の開設、不動産等の契約ができる

⑥国や地方自治体と契約する場合に有利⑦社会的に信用が得られる

デメリットとしては

①認知度や社会的信用力が公益社団法人等と比べ見劣りする

②公益認定を受けるには高いハードルがある③利益の分配ができない

などがいえるでしょう。

このような話を聞いて設立には興味があるけど、少し難しいのな、不安だな、と感じた方は一度、行政書士にご相談ください。

当事務所は一般社団法人設立に関しても強みがあります。
詳しくは当事務所の一般社団法人設立専用のホームページをご覧ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新潟の会社設立、起業支援・相続・遺言・成年後見のことなら
Asocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。

代表行政書士 播磨 史雄

住所:新潟市西区寺尾東3-1-6
℡:025-201-7514
mail:gs230.h@gmail.com
総合ホームページ:http://fumio-h-office.com/
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/

コメントは受け付けていません。