経済産業省 資源エネルギー庁 平成28年度予算 再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金の公募が始まります。

こんにちは
会社設立、起業支援、補助金・補助金、相続・遺言・成年後見専門の新潟市西区の行政書士
Asocia行政書士法務事務所 代表の播磨史雄です。

いつもブログを見て頂きありがとうございます。

さて約1ヵ月ぶりのブログの更新となりましたが、
補助金祭りでワッショイワッショイしておりました(笑)

この時期に主な補助金の公募が重なるもので、創業補助金、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、省エネ関係の補助金・・・etc
一気に引き受けると何がなんだか分からなくなってきます。

が、ちゃんと仕上げて申請まで持っていくのが仕事ですから、きっちり最後まで頑張りました。

さて、話がそれましたが、本題です。
今度は太陽光発電設備等の再生可能エネルギー設備を設置する際に補助してくれる補助金の公募が平成28年4月28日に始まります。まだ詳しい公募要領が発表はされていませんが、
チラシの内容を見てみると、昨年まで一般社団法人新エネルギー促進導入協議会の行っていた、「独立型再生可能エネルギー発電システム等対策事業」に似ている感じがします。この補助金の審査機関は先の一般社団法人新エネルギー促進導入協議会でしたが、今回公募になる「経済産業省 資源エネルギー庁 平成28年度予算 再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金」は一般社団法人環境共創イニシアチブ(通称:SII)です。

この補助金は補助対象設備の設計費、設備費、工事費に係る費用の3分の1以内補助されるものです。(※太陽光発電の場合は、補助対象設備の3分の1又10万円/kWのいずれか低い額となります。
発電設備に対しては上限1億円まで。

公募開始が4月28日から開始
1次締切 5月27日(金)
2次締切 6月30日(木)
3次締切 8月5日(金)
4次締切 9月9日(金)
と4回公募が御座います。

詳しい公募要領が出次第またお伝えしたいと思いますが、
4次締切の方は気をつけた方が良いと思います。
申請締切9月9日、結果発表が2ヶ月後の11月頃、
それから工事に入り、確定検査書類の提出が来年の1月末頃と予想されます。
工事から確定検査書類の提出が3か月しかないとなると、期間として余裕が無いと思われます。
余裕を持って申請していただいた方が良いですよ。

補助金の申請、早めの計画と早めの申請は基本です。

SKMBT_C20316042218150

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 新潟の会社設立、起業支援、補助金、助成金・相続・遺言・成年後見のことなら
Asocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。
代表行政書士 播磨 史雄
住所:新潟市西区寺尾東3-1-6
℡:025-201-7514 mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:http://fumio-h-office.com/
一般社団法人設立専門ページ:http://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/

コメントは受け付けていません。