【まさかの事態】

【まさかの事態】

こんばんは。
新潟市西区の行政書士播磨史雄です。

年度末の慌ただしいなか、案件を進めていき、
いざ明日提出!!という時に、まさかの事態が発生しました。

なんと申請地の住居表示が違う!
という事件が発生しました。

そりゃ単純な確認ミスだろう?
と思われるかと思いますが、
物件の賃貸借契約書や某地図社から発行されている住宅地図上にもこちらが記載した住居表示しか載っていません。

急遽、市役所の区民生活課へ問合せをし、住居表示に関して問合せをしました。
住居表示を実施した際の台帳を閲覧させていただき、真実が分かりました。

もう住居表示が実施されてから20年近く経っている地域でしたが、ずっと誤った住居表示で通ってきたと知り、
賃貸借契約書や住宅地図等の表示でも間違っている場合があるのだと、今まで過信し過ぎていたのだと勉強になりました。

住居表示が合っているかどうか、ちゃんと行政に確認したうえで今後申請に臨みたい思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 新潟の会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金、助成金・相続・遺言・成年後見のことなら
Asocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。
代表行政書士 播磨 史雄
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:http://fumio-h-office.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/

コメントは受け付けていません。