【定款の目的に注意】

【定款の目的に注意】

こんばんは。
会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金・助成金、相続・遺言・成年後見を行っている新潟市西区の行政書士Asocia行政書士法務事務所代表の播磨史雄です。

1年早いもので、あっという間に12月ですね。
この時期になると、新事業についてのご相談が多く寄せられています。
その中で多くお問合せいただいているのが、
お酒の販売免許に関してです。

お酒をお店で販売するためには、
「一般酒類小売業免許」
という免許を取得する必要があります。

免許を取得するためには、法人の場合に気を付けていただきたい点があります。

それは、
法人の目的に
『酒類の販売』又は『酒類の小売り』等の文言が入っているかです。

もし定款の目的にこれらの文言が入っていない場合は、目的変更の登記が必要となります。
法務局へ登記するために、印紙代3万円が必要となります。また、専門家への報酬が必要となります。

もし、一般酒類小売業免許の取得をお考えの方は、取得の前にぜひチェックして見てください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 新潟の会社設立、起業支援、酒類販売免許、補助金、助成金・相続・遺言・成年後見のことなら
Asocia行政書士法務事務所にお任せ下さい。
代表行政書士 播磨 史雄
住所:新潟市西区平島2丁目13-11 2F
℡:025-201-7514
mail:info@fumio-h-office.com
総合ホームページ:http://fumio-h-office.com/
新潟県お酒の販売許可申請代行センター:https://www.sakemenkyo.com/
一般社団法人設立専門ページ:https://niigata-syadan.com
新潟成年後見相談センター:http://www.niigata-seinenkouken.com/

コメントは受け付けていません。